アシナガバチ駆除をする時に覚えておきたい女王蜂のこと

女王蜂に注意!アシナガバチ駆除や対策で気をつけるべきこと 女王蜂に注意!アシナガバチ駆除や対策で気をつけるべきこと

アシナガバチ駆除を行う際に気になること

作業員

アシナガバチ駆除を行うことで安心を取り戻せますが、駆除を行う際にいろいろ「気になること」もあるでしょう。特に働き蜂の動きでポイントとなる女王蜂の特徴を知ることが大切です。

女王蜂に関するQ&A

どのようにしてアシナガバチの女王蜂かどうか見極めれば良いでしょうか?
女王蜂は働き蜂と比べて大型です。ただし単体で見つける場合や、アシナガバチの形が分からないという場合、女王蜂の区別がつきにくいですね。春先に見かける蜂単体はほぼ女王蜂です。私たちの目の高さで跳び、営巣場所を探すために右往左往しているのでわかりやすいでしょう。夏真っ盛りに見かける蜂は働き蜂です。この頃になると、女王蜂は巣にこもりきりになり、産卵活動に集中するので外を跳ぶことは考えにくくなります。秋口に分巣する時に見かける蜂は、新女王蜂ですが、ほぼ私たちの目に触れることはないようです。
冬にアシナガバチ駆除をしても意味が無いのでしょうか?
冬に巣を見つけたから、アシナガバチの駆除を行ったという声も聞かれます。アシナガバチの巣は一年限りで冬になると空になります。この巣には二度と蜂が住むことはありません。ここで「巣を潰したから安心」と考えるのは、とても危険です。越冬する女王蜂が生まれた巣があった場所に戻り巣を作ることがあります。そのため、冬のアシナガバチ駆除は無意味なのです。できれば、冬に巣を見つけて「巣のみ」駆除を行った場合は、必ず春先に忌避対策を行うことをおすすめします。蜂用の殺虫剤を散布して、アシナガバチにも有効な蜂捕獲器を設置すると効果的です。
家の近くで女王蜂は見かけたのですが、アシナガバチの巣が見当たりません。どのようにして駆除したら良いですか?
春先になると、女王蜂が自分の巣を設けるために巣作りの場所を探し始めます。家の近くをぐるぐる回っている時は要注意です。トラップをしかけて女王蜂を捕獲し巣作りを未然に防ぎましょう。トラップは2リットルペットボトルに、食酢1:みりん3:黒糖1の割合で混ぜた誘因液500~600ml程度入れたものに、4カ所ほど直径2cm程度の穴をあけ、蜂が飛び回っていた場所を狙って仕掛けて置くだけです。市販の物もありますが、蜂の数が多いと感じる時や不安があれば私ども駆除業者にご相談ください。

TOPボタン